外部脚本/山谷典子書き下ろし作「くじらのような大きな船の音楽会」上演決定!

山谷典子が書き下ろした音楽朗読劇「くじらのような大きな船の音楽会」の上演が決まりました。昨年、一昨年と開催が見送られていた公演がやっと今秋上演できることになりました。

第一部にコンサート、そして第二部に音楽朗読劇が上演、オンライン配信の予定もあるようです。

詳細は、都立第五福竜丸展示館の公式ページをご参照ください。



[公演概要]


●タイトル

ひびきあう第五福竜丸のしらべ vol.7 大石さんとともに

「くじらのような大きな船の音楽会」

●あらすじ

南の海にやってきたマグロ漁船の漁師さんとクジラ、イルカたち。その前に見たこともない大きな太陽が…。

きれいな海を、いのちを守るには…。

水爆実験にであった第五福竜丸とくじらたちの物語をピアノとチェロの演奏にのせて、二人の俳優が語ります。

この作品のモデルになった福竜丸漁師・大石又七さんへの想いをみなさんとともに・。

第一部…チェロとピアノによる美しい調べ ピアノ 崔善愛 チェロ 三宅進

第二部…音楽朗読劇「くじらのこえ なみのこえ」

作 山谷典子 演出 辻輝猛 出演 斉藤とも子、辻輝猛 演奏 崔善愛、三宅進


●会場

都立第五福竜丸展示館


●日程

第一夜10月9日(土)16時45分開演

第二夜10月10日(日)16時45分開演


●チケット

入場料 大人3000円 子ども、学生1000円

第一夜…赤ちゃんからOK

第二夜…小学生以上


予約開始8月1日から

fukuryumaru@msa.biglobe.ne.jp

03-3521-8494

…お名前、連絡先、人数(お子様の年も)を明記の上お申し込みください。

※コロナ感染症拡大防止のため、座席数は60席に限定して開催いたします。

※必ず事前にお申し込みください。


●公式サイト

http://d5f.org/event